球界のOBが語る!阪神の主軸沈黙により、“打倒”のポイントとは?


阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪神電気鉄道 > 阪神タイガース ポータル 野球 阪神タイガース(はんしんタイガース、英: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。 略称は「阪神
268キロバイト (40,847 語) - 2023年10月21日 (土) 13:59


投手陣の打倒ポイントとして「ファウルにしたらアウト」は一つの手段かもしれませんが、他のアプローチも考えるべきではないでしょうか。もしかしたら、オリックスの投手陣に対する特定のバッティングアプローチが必要かもしれません。

大山は日本シリーズで勝負強さを発揮できるだろうか(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 2023年クライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージは、セ・リーグ阪神パ・リーグオリックスがそれぞれ制し、両リーグの覇者同士が日本シリーズで顔を合わせることとなった。

 いずれも、チームの持ち味を発揮してのCS突破となり、いよいよ実現する「関西ダービー」は見どころが数え切れない。その中の1つとして、オリックスの絶対的エースである山本由伸を阪神打線がいかにして攻略できるかという点が挙げられる。

【動画】坂本誠志郎が決勝打!日本シリーズ進出へ導いた2打席連続のタイムリーの映像


 特に、阪神はファイナルステージでの広島との3連戦では、4番・大山悠輔、5番・佐藤輝明の主軸に適時打が出ておらず、シーズン最多安打中野拓夢は3試合でヒットが1本のみだったことなど、上位打線が迫力を欠いていた感も拭えない。同じく短期決戦となる日本シリーズで、今季もタイトルを独占した山本をはじめとするオリックス投手陣から、どのように得点を挙げるのかが大きなポイントとなる。

 日本シリーズの切符を掴んだものの、決して状態が良いとは言えない阪神打撃陣がどのような意識で大一番でバッターボックスに立つべきか。パ・リーグの好投手を打ち崩すためのアドバイスが球界OBより伝えられている。

 現役時、阪急、オリックスで活躍し、引退後は投手コーチとしても手腕を発揮した佐藤義則氏がYouTubeチャンネル佐藤義則チャンネル』の中で、CSを終えた阪神の打線について見解を述べた。阪神がCS突破を決めた翌日、10月21日に配信となった動画において、「まだまだ、大山も中野も自分のタイミングで打てていない」と振り返っており、続けて「打てないものは打てない。短期決戦では必ず、不調の選手も出てくる」と語っている。

 その上で、日本シリーズに挑む阪神打線のバッティングについては「ストライクを取る、カウントを稼ぐボールを狙わないといけない。決め球を振りに行っても、まず打てない。チームでどのボールを打つか(絞るべき)」と主張。


 さらに、この時点で日本シリーズへ王手をかけていたオリックスの出場決定を見込みながら「例えば、山本だったら変化球は一級品だからなかなか打てない」と話しており、「追い込まれたら打てない。追い込まれる前に打つことが大事。そのかわり、一球で仕留めなければならない。(そのボールを)ファウルにしてしまっていたらアウトだから。2ストライクにまで追い込まれたらもう打てない」と持論を展開。

 加えて佐藤氏は「阪神はそういう感じで徹底していかないと、山本は打てるピッチャーではない。タイトルを全部獲るピッチャーだから。どう攻略するかをみてみたい」と期待の言葉も語っている。

 球団史上2度目の日本一達成のためにも、ここからもう一度、阪神打線の奮起が求められる。短期決戦での流れを掴むためにも、佐藤氏の言葉の通り、早いカウントで仕掛けることが最も重要なポイントとなりそうだ。


[文/構成:ココカラネクスト編集部]


CSで主軸が沈黙した阪神 球界OBがオリ投手陣”打倒”のポイントを解説「ファウルにしたらアウト」


(出典 news.nicovideo.jp)