岡田彰布監督が明かす!阪神CS突破の鍵とは?


阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪神電気鉄道 > 阪神タイガース ポータル 野球 阪神タイガース(はんしんタイガース、英: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。 略称は「阪神
265キロバイト (40,467 語) - 2023年10月2日 (月) 04:45


「やはり選手の実力が大切ですよね。岡田監督がどの選手たちを起用するかが鍵になると思います。」

岡田彰布

阪神タイガース掛布雅之氏が、自身のYouTubeチャンネル岡田彰布監督が考えるクライマックスシリーズを勝ち抜くためのキーマンを語った。

【動画】掛布雅之氏が岡田彰布監督の考えるCS勝利のキーマンを語る


■掛布氏が岡田監督の意向を解説

掛布氏は今シーズン最優秀防御率タイトルを獲得した村上頌樹投手について「あっぱれだよね」と大絶賛。

スタッフが「おそらくCSも、初戦は村上では?」とツッコミを入れると、掛布氏は「今日、岡田監督にYouTubeの『虎バンチャンネル』でインタビューをさせてもらったんですけど、岡田監督は初戦の先発を匂わせませんでしたけども」と語る。

続けて「フェニックスリーグを6試合戦うんだって。 『フェニックスリーグの先発の順番を見たら、初戦の先発は見えますから』と。『隠す必要もないんですけど、今ここで言うのはやめておきますよ。みなさんフェニックスリーグの投げる順番を注目しておいてください』と言っていたから、村上なんだろうね」と持論を展開した。


関連記事:岡田彰布監督は「失敗を受け入れる大きさがある」 掛布雅之氏が采配を称賛

■第2先発はしない

さらに掛布氏は「10勝トリオが中心になる。それともう1つ岡田監督が言っていたのは、 先発ピッチャー、6試合でしょ、セカンドステージね。『やっぱり5枚必要ですか?』と聞いたら、4枚あればいいと言っていたね。10勝トリオは3本指を折りました、岡田監督も。次に名前が出たのは西勇輝と才木」と明かす。

そして「もう1つはWBCのような短期決戦だからと言って、 第2先発のような形の使い方はしたくないと。シーズン中通りの先発は先発、リリーフリリーフの役割をしてもらうと」とコメント

また「ただし『初戦、 2戦目に負けたりなんかした場合、早めに投手を降ろした場合に、そういうことをするかもしれませんが、基本的には第2先発のような考え方はしないようにしています』と言っていた」と語った。


関連記事:関西で言ってはいけない“呪いの2文字” 「阪神がアレした場合…」ニュース番組も禁忌に

■攻撃のキーマンは?

攻撃陣について掛布氏は「シーズン中、阪神がバントをしている打順というのは2・7・8・9なんだよね。それで岡田監督に『短期決戦で1点勝負になったときに、それ以外の打順でバントをしたりすることは考えられますか?』と聞いたときに、『基本的にはないです』と。『シーズン中と同じ戦い方をしたいと思います』と(言っていた)」と話した。

さらに岡田監督がキーマンに佐藤輝明選手を挙げていることを明かし、「塁上にランナーを置いて回ってくるのは佐藤だと思いますと。だから、佐藤の打点があれだけ多いんだと思うと」と明かす。

そして「CSも佐藤が打つ打たないで、勝敗を左右するポイントを握ると思いますと。佐藤のホームランというのは CSの結果を左右するでしょうねという雰囲気のことは言ってましたね」と語っていた。


関連記事:阪神タイガース、9連勝・快進撃の理由 岡田彰布監督の開幕前“一手”とは

■短期決戦用の作戦はしない?

掛布氏が明かした岡田監督が考えるCSの戦い方。CSや日本シリーズを勝ち抜くためには短期決戦用の作戦や選手傭兵を採用する必要があるという考え方もある。

しかし岡田監督は基本的にシーズンと同じ作戦で戦っていく模様だ。


関連記事:岡田阪神の“アレ”は「90%間違いない」 ミスタータイガース・掛布雅之氏が太鼓判

■掛布氏が阪神のクライマックスシリーズを語る

・合わせて読みたい→阪神タイガース、9連勝・快進撃の理由 岡田彰布監督の開幕前“一手”とは

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

岡田彰布監督が考える阪神CS突破のキーマンは… 掛布雅之氏が解説


(出典 news.nicovideo.jp)